面白い事、なんかないかね。

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ ------[--]  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ 20061124[Fri]  妖怪話
ありがたいことに、関西に住んでいながらにして[地獄少女]の情報などを頂いたり、観れたりしちゃう大阪人です。
友情に感謝!!

しかし、只[地獄少女観ました!][かずきんの一目連にホレました!]と言うだけではもったいないので、私なりに一目連を調べてみました。
今回の記事、読んでも楽しいかどうかは………
楽しくはない、かもしれないですね……かなりピンポイントのツボで記事書いています。


ファンタジー好きの流れ…礼儀?なのでしょうか、日本のファンタジー(Notホラー)にもそれなりに興味を持っており、[妖怪]とえば水木しげる先生を、次いで京極先生や宮部先生の[怪談の怪]の方々を思い浮かべてはリスペクトを捧げております。
[聖地・鳥取へ!]を合言葉に、年に何度か鳥取への思いを馳せる時もある程です。…今、そのブームが来てるんですけどね。

脱線もいいとこです。話を戻します。


地獄少女には 主人公・閻魔あい/地獄少女(岩田さゆり)の手下に三人の(わら人形の) 骨女(杉本彩)、一目連(加藤和樹)、輪入道(小倉久寛)という手下がいるのですが…

私が気になったのはこの[骨女][一目連][輪入道]という妖怪(?)が [地獄少女]から生まれた妖怪なのか 元々日本に伝わる妖怪伝説に登場する妖怪なのかどうか、というところでした。

ちなみにアニメ版は[ながら見]程度にしか興味がなかったので、調べようという意欲までには繋がらなかったのです。今までは。

世の中とは真に便利になったものですね。万能辞書ウィキディペアなどで色々勉強いたしました。

ダイダラボッチとしての一目連:
ダイダラボッチはこの伝説のある地域(近畿地方)に伝わる「一目連」(ひとつめのむらじ)の俗称である。別名に「ダンダラボッチ」、「デイタラボッチ」、「一本踏鞴」などがある。

ダイダラボッチ といえば、[もののけ姫]のシシ神様の夜のお姿の御名でもありましたね。
近畿地方では、「片眼であり、1本足、巨人、踏鞴を操り風を起こす」者と言われているが、多度大社の別社の中には蛇の形をした神様として祭られ、暴風の神様とされている。雨を賜う神。大蛇であるため一目龍ともいう。火の玉となって遊行し、時として暴風雨を起こして陸海に災いを与える。また、志摩半島の大王崎では、熊野から追われた、片眼、1本足の巨人でダンダラボッチ(だんだら法師)と呼ばれ、暴風の神様とされている。
とのこと。
巨人? 蛇? 火の玉…?
でも、どれも[神様]なのですね。
[かまいたち]の別名と書かれているものもありました。

三重県桑名市にある多度大社の別宮に、一目連神社というところがあるようです。
御祭神は天目一箇命(あめのまひとつのみこと)。
この天目一箇命は、刀・斧を作り活躍した製鉄・金作りの神様。
鍛冶の神様だからギリシア神話のキュクロプスと同じく職業病で片目なのだそうです。

神社に行ってみたいだなんて… Oh、流石!病気ですね☆

なんと、[一目連]が語源(?)となっている言葉もあるようです。
「一目散に逃げる」というのは一目連の出現に驚いて散り散りに逃げる様を現しているという。
また、愛知県春野町では 不意に暴風が吹くと[一目連が来た]というとの記事もありました。
…コレ、マジで?是非春野町なる土地にお住まいの方に出会って「来た!」と言わしめたいですね。


ということで。調べれば調べるだけ、出てきました。
大変、奥が深く つまり[一目連]は、なかなかのランクの妖怪のようです。
…妖怪っていうか、神様ですよね?


しかし、お嬢。こと[閻魔あい]の他の手下は完全に妖怪です。

骨女この世になんらかの思いを残して早逝した女が、肉体が朽ち果ててもその骨に魂を宿し、思いを成就させようとあらわれるモノである。
 特に恋慕を残してしまうと、相手の男を自分の元に呼び寄せようする。男には生前と同じ姿に見えると言うのだが、周りの人たちには単なる骨だけの女にしか見えない。

よくある、女妖怪のひとつの王道パターンですね。怨念妖怪系。

輪入道炎に包まれた牛車の車輪の中央に男の顔が付いた姿をしている。牛車の持ち主だった者の魂が妖怪となったもので、夜道を疾走する。
[ゲゲゲの鬼太郎]では、口から吐く光線で人間をダイヤモンドに変える妖怪として登場。主人公の味方として登場する場合もあり、数体で「妖怪自動車」の車輪になることも可能。

乗り物ですね。


この妖怪階級の差を感じつつ[地獄少女]を観ると、ますます かずきん版[一目連]が高貴に観えるかも☆
話が、かなーりダークサイドで鬱リますので、一目連に神様フィルターかけて 楽しんでみるのがオススメだ!!(笑)「「お嬢!」とか言ってるけど、このヒト、本職、鍛冶屋ァ~!」そんな感じで?
職人肌の一目連…「オトコの職場に、女が足 踏み入れちゃぁならねぇ!」とか言っちゃう?まぁ、素敵♪
職人=江戸っ子という安易な私はさておいて、ムッキン鍛冶屋か風の坊ヤか…とにもかくにも想像には事欠きませんよ、一目連は。
幸せの夢に溺れてGO、GO!トリップ☆


ちなみに。
今回の調べものによって、私のお気に入り[妖怪]フォルダはかなりの数追加されました。
鬼太郎妖怪辞典なんて、何時間でも眺めてられるっつの☆(ニンマリ。)
はい。ただ今、妖怪フィーバー中みたいです。

明日は名古屋で一目連と握手!…あ、いや かずきんと!!
ブーツの底を修理しましたので、また歩きたい放題です。ご当地食&散策、出来るかな~。


(以下、コメント返信)
>よっちゃんへ
18日のアコースティックバージョンはよかったですよね~☆☆☆
楽しかったです。
ブリッツ当選おめでとうございます~!!
私もなんと当たりいただきまして、1時~のに参加予定です☆
横浜……中華街で遊べるのが楽しみです。
よっちゃんはエグザイールのイベントなのですね。…大変な1日になりそうっスね。ファイ!!


応援よろしくです☆
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
23:10 | 日記 |  comment:0



コメント
URL:

Pass:
管理者にだけ表示を許可する


07<  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >09



templete by*淀川宮戸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。