面白い事、なんかないかね。

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ ------[--]  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ 20061106[Mon]  名古屋ダイヤモンド!
私が[大阪]の土地や人、色々な独特の物事に対して抱いている愛情のような執着が、かずきんにとっては[名古屋]だという事を、まざまざと見せつけられて参りました。

そう。
参りました。完全にKO。両手を高く挙げ、降参です。

昨晩ほど、自分が[名古屋市民]でありたかった と思った夜は ありませんでした。

(ライブの日の、感想です。ネタバレ、ご注意)(しかも長いです。)











まずはいつもの様に、会場周辺事情から。
名古屋ダイモンドホールの最寄り駅は地下鉄・新栄町駅。駅を出て大きな道路を挟んで200メートル程歩いた場所に、地下に駐車場を備えたビルがあり、そこの5Fにライブハウス・[ダイモンドホール]がありました。※[ダイモンド]。[ヤ]でいいじゃないか…と思うKZKファン心理。
事前に地図を眺めて確認してみたところ、隣に[乾徳寺]という卍マークを見つけていたので、これ幸い、と時間潰しに寄るつもりでしたが……残念ながら、参観出来る様な寺ではありませんでした。ちょっと残念。
更に、頭が左巻きだもんで、駅を出てから普通に歩いていけば見つける事が出来たであろう[スターバックス]を見落とし、「この周り、何にもねぇスなぁ~」と一人ボヤきながら喫茶店を探して彷徨い、(CBC等を軽く見学しながら)大きな信号を3つ4つ超えた先にあった[デニーズ]で時間を潰しました。多くの方はスタバにいらっしゃり、小鳥の様なさえずりでキャァキャァと楽しくお過ごしあそばれていらしたそうです。
………この孤独感……うっかりすると、やさぐれてしまいます。

程良い時間(4時頃)に会場前に戻って来てみても、友人達の姿は未だなく。仕方ないので会場周辺を再び散策してみました。
裏通りは歓楽ピンク街でした。勉強になるなぁ~。(適当)

そんな事をしていても10分も間がもたず、結局会場前でぼんやり。「(お友達、早く来ないかなぁ~)」と空にため息を一つ投げつつ、一見してみればただの不機嫌なジーンでした。黙ってたら、ヤクザテイストなんだよね…私…。
30分もすれば友人と出会え、長く感じられた孤独も解消されたのですが。

…こんな話はいらないですか?(笑)
でも まだ始まりませんよ。


開場前の整列はビル館内の階段にて、整理番号順に行われました。
私は260番代のチケットを頂いていたので(コレについては福岡ライブで出会った友人に100万回感謝を捧げます。)階段の2F付近で待機。例のツアーTシャツ(ラベンダー)も持ってきていたので着込みます。
整列中に別の友人を発見。それまでの、どこかやる気の欠けたのんびりとした私の頭が完全にライブモードにシフトされました。ドキドキ感、一気に上昇!!

5時10分頃。
予定より若干遅れての開場が開始。
福岡や他の開場と同じく、VOICEチケット所有者には会員証と身分証の提示が求められ、カメラ等の持込みが無いか、荷物チェックも行われ、更に Tシャツキャンペーン参加の為に別のスタッフ様への会員証提示等、やはり[ヒト手間]かかる入場でした。
正直めんどくさいんだけど、一気に人が入って来ないから、客スペースに入る時に慌てたりしなくていいのが利点なんですよね。…めんどくさいんだけどね。

荷物をロッカーに預け、私もステージ前に到着。
今回も、ハナっから下手側しか行く気がありませんでした(ヒダさん目当て)が、下手スピ-カ-のまん前といえど2列目を確保!!そこはギュウギュウと押し合いへし合いになる事もなく、且つステージは近い!という大変ツいている場所でありました。ソロアーティストのライブなのだから、正面が込み合うのは仕方がないとして、意気揚々と下手に向かう私の姿は若干穢れているのやもしれません。
私に もう少しの勇気と若さというエネルギーがあれば、ギュウギュウのキャアキャアにも参加したのでしょう。5月5日のライブの様に…。激戦地区、真ん中。今の私には無理。

ステージを見てみると、今までより会場も広いがステージも広い!ということがよくわかりました。
下手からGt(ヒダさん)、Ba(大山さん)、Key(こーさん)、Vo(かずきん)、Dr(サイガさん)、Gt(キヨさん)という並びになっていたのですが、ステージが広いので!KeyとDrのセットが1段、70センチ程の高さの台を構えてセッティングされておりました。(この[台]が、今回のライブでのパフォーマンスで素晴らしい役割をするのですが、それは後ほどじっくりと。)
DrとKeyの位置が、今までの会場の時と逆になっているのは、単にステージの広さの問題だったのでしょうか?…何にせよ、そんな事を気にしているのは私くらいのものだろうという事で、軽く流しておきます。(言ってる時点で流せてない。)


開場内は客席後方1/4程は1段構えての立ち見席があり、更に2F席も20席程用意されておりました。(2Fはほぼ関係者席?のようでしたが。)
時間が経つにつれ 人がどんどん開場に入っていく様を見ながら、どんどんとテンションが上がって行き、上がりすぎて、緊張しすぎて…逆に寝そうでした。現実逃避、というヤツですね。


そして6時10分。
始まります。
やっと。



[Vampire]のイントロにのって かずきんが登場。
それまではラフな格好で挑んできていたのですが、光沢のある蛇柄の上下スーツでした。故郷での凱旋ライブに正装?…蛇柄が正しいかというのはひとまず置いておいて、単純に会場の広さも理由の一つであると思っておきます。(…あんまり名古屋ばっかり贔屓してるなんて思うと、別の土地に住む者として寂しいじゃないか。)

その姿を見て フと。
昔 家のリビングのテーブルに敷かれていた塩化ビニルのテーブルクロスを思い出したのは ちょっとだけ秘密です。テーブルクロスなんかじゃありません。立派な蛇柄です。

かずきんは肩幅もしっかりしているので、ジャケットがとってもお似合いです。ワタシ、スキヨー。

インナーに着ていた7分袖の薄手のニットはチクチクする素材だったようで、汗かいて更にカユーイ感じになっていたと思います。(何か、そういう風な事を名古屋弁でおっしゃられておりました。)
更に。ライブが進み、ジャケットを脱ぎ捨てて以降に、気がつけばボロリとヘソ出しでした。フー!セクスィ~!!(適当?)


めずらしく服の事を書いたかと思えばこのザマ。…どうして私はこうなんだ………。



今回のツアーでは曲目リストは1本だけだと思うので、多分福岡と同じ曲順で、他の地方でも同じだと思うのですが…何せ細かい曲順が思い出せず…[コレです]と強く言うことが出来ません。すいません。

1曲目・[Vampire]、2曲目・[ライン] が終わりMCに入って一言目。

「多ッ!」

「近ッ!」や「狭ッ!」と客席や会場への感想が発言されていたMC一言目ですが、名古屋では「多ッ!」。
確かに。1200名程の女子で会場は満員御礼☆ギュッと詰まっておりましたからね。

続けて
「名古屋弁、聞きたい人?」(会場から、たくさんの「はーい!!」)「安心して。今日は全部名古屋弁でいくから!」
 
そうです。
ツアーの一つの楽しみになっている[開演前の かずきんによる方言注意事項(影アナ)]が、もちろん名古屋弁でも流れ、そしてMCでこの一言。
会場は「キャー」…っていうか、もう「ギャーッ!!」でした。

ここで、私の最初の一言感想になるワケです。

[名古屋市民]でありたかった。

そりゃあ、あの「ギャーッ」の気持ちを共有したかったというのも強くありますが、(しゃべり方は不自然だけど)いかんせんネイティブ関西人ですので……細かく何て言ってんのか、わっかんないんスよね!(笑)
聞こえている!雰囲気はわかる!顔見てもわかる!楽しいんだよね!
…でも、「ン?!何て?」聞きなれない単語にMCの度に翻弄されるだなんて、昨日の私は思いもしませんでした。名古屋弁は、立派に異国語でした…。それも楽しかったのだけど。

なので、上に書いた言葉も本来ならば名古屋弁で書くところなのですが…わっかんないんだよね(2度目)。その辺を細かく思い出そうとする事は諦めてしまいました。

以降、曲別?の感想です。
[ユメヒコウキ]
大っ好きな曲なんですが、もしかしたらこの曲が1番CDと生で聴くのとイメージが違うかもしれません。
大きな原因は こーさんのKeyです。
CDではピアノ系の音が大きく入っているのですが、ライブの時は 音が幅広い、って感じで。軽く、打ち込み系の音? が聴こえるのです。特にイントロの部分。

もちろん、かずきんのVoも生で加わって、更に全体で力強くなってると思います。
[夢でいいから]も。

好きです!(告)


[新曲]
かずきん作詞の[REAL]の歌詞については
「『暗い』…ていうか、重めなのですが、最近のニュースを見たりして、マイナー系の曲だし、『前向きさ』とは違ったテイストの歌詞もいいかな、と思って書きました」
と、その様な事を(名古屋弁で)おっしゃっていました。

福岡で聴いた時は歌詞を全然ヒアリングせず「(曲、かっこえー!)」とフケっていたので、今回はちゃんと聴きました。
…色々、思うところがある様です。そりゃそうだ。生きてんだもの!

たまにダウンしても、『それでも』 と前向きになれる人だと 信じています。
好きですから。(何度目かの告白)

他、新曲は、
[グローリー]ともう1曲も、もちろん好き!だし、ヒダさん作曲?の[砂の城]もカッコいい。白いタンバリンを手にしていたのは…何の曲の時だっけ……きっとタイトルが思い出せないノリノリの新曲の時だったハズです。もう楽しくってサー。思い出せない。

この頃になると、ライブも中盤ですよ。
かずきんも「アツい?」「でも、オレが一番アツいけどね!」と(名古屋弁で)おっしゃる程です。
多分 シナプスの1本や2本、ぶっちんキレてますね。
例の[台]に乗り、飛び跳ねまくり、マイクスタンドを振り回し、大変な暴れん坊です。クレイジィ!!
もちろんステージ下の女子達も負けてはいないのだけど。

個人的に思ったのが、ダイヤモンドホールくらいの広さのステージの方が、かずきんは見てて面白い!ですね。
…もっと広くても、全然いいけど!
「武道館?ついて行く、行く-!」むしろ、連れて行きたい、あのステージへ。叶えるには、まだまだウーマンパワーが必要ですけど。
叶えたい、この夢。


[Starlight Dreamer]
これだけは、書かせてください。
この曲、ロカフラのDr、まえPさんの作曲なのね。

楽しいだろぃ?

マイク向けられるワケですよ。
「スターライッドリーマー!」
叫ぶのですよ。

楽しい。
大好きサー。


[WARNING]でも マイクは向けられます。
みんなで歌うんですよ。
「ノッコン、ノッコン、ィエー!」

楽しいトリップ。
もうこの時間、終わらなくていい。


[Flaming Ice]
笑ってたんだって。高笑い。
その頃私は、ヒダさんのギターソロに夢中。

だって、好きなんやもん。


[HIGHER DREAM]
で、確か 本編は終了。
歌終了と共に かずきんステージアウト。
スマートな演出ゥ!後奏もカッコいいので耳が離せません。


アンコールは黒Tシャツ。
残念だったね、私。(あんまり気にしていませんな、コレ。)

[東京ダイヤモンド]
私はいつもギターの音が好きで聴いているのですが、イントロの『ッジャジャッジャジャジャ!』(文字では書けん…)という ダサいんだか、カッコいーんだか、わっかんないけど、この音がスゲェ好きなんだ!って感じです。
こーさん、ナイス!!
同じ様な理由で、[Vampire]のイントロも好きです。


他の曲でも
ちゃんとは見てないけど、聴いています。キヨさんのギターソロもセクシィでカッコいい。(コメント軽すぎ る…?)

Drのサイガさんは、いつもモッズ系の衣装で、イケメンなのですが、名古屋では短パンでしたよ!
見ましたよ、私。[ドラムの人が短パン]…ッ!これだけで打ち震えてもいいでしょう?(いいデス、か…?)しかもサイガさんは、イ・ケ・メ・ンなのです☆
ヒダさん、大山さんは私、存じておりますので、サイガさんをご紹介してください(笑)
…あの人、誰なの?

そうそう。
書くタイミングを逃してしまったのですが、バスドラムのヘッドが[GLAMOUROUS ATTACK]仕様でした。
前からそうだったかしら……コレも、気にしているのは私だけ……?(ちょっと寂。)


[君とずっと(+Kazukiアコギ)]
なんだかんだ言って、好きです。



「ありがとう」
名古屋でも聞けた。

この言葉は、方言で言ってたとしても絶対聞き逃したりしません。

[ありがとう]。
楽しい時間、素敵な音楽。
アーティストでありつづけて。ずっと、歌って欲しいと思います。
お芝居も、好きだけどね。


5月5日から、アーティスト・Kazuki Katoのライブを何度か観られて、一番 感動しているのは、彼の成長です。
「もっと、ああなればいいね。」と友人と話していたことが、どんどん現実になっていくのが、わかる。
生理用ナプキンよりもスゴイ吸収力だよ。

…他の例えはなかったのか、私……こんな自分には呆れるばかりです。

1回のライブは、結局は1回の[楽しい思い出]になるだけです。
でも、1つ1つの[楽しい]を、振り返って繋げてみると、見える。
あぁ、こんなに登ってきてる。
彼の人生の登山。

どこからだって、誰だって一緒に登れます。
「そんなに好きじゃないから[VOICE]に入会、迷ってる…」金銭的に無理でないのなら、入会してみれば良いのです。試してみればいいのです。
『そんなに』なんて、誰と比べる事もないハズです。
自分が[好き]だと思えれば、それを大切にする事が、応援なのです。

自分を無理に偽る事無く、やれるだけ、やればいいのです。
誰でも、やればできる!のだから。


………何の話でしょう?
ほとんど自分に向けて言っている感じではありますが………
帰宅の電車で聞き耳たててたガールの会話に引きずられているのでしょうか。電車を降りる際に「お疲れ様でした」の一言もかけられなかったチキンな私が、こんなところでアツくなっております。
私は誰なんでしょう?
何て偉そうな……深く反省いたします。


そして昨夜。
名古屋からの帰宅後、自室に戻って就寝直前。
唐突に2度目のライブが始まりました。

脳内で。自分の意識するところの外で。

頭の中で鳴り響く[WARNING]。いや、曲は[Vampire]からでしたが…気分は[WARNING]。緊急事態発生!発生!!
こりゃぁ、マジで黄色い病院にいかねばならんかと、本気で泣きそうになりましたが、それでも続く、強制KZKライブ。

きっかりAM3時まで、フルボリュームで回るサウンド、高鐘打ち続ける心臓。しびれる手足。込みあがる吐き気。今度は苦しいライブ体験となりました。

そういえば、帰りの電車内は、汗が乾いた体にエアコンがやけにキンキンと冷え込んだのです。


結果、風邪が悪化しました。
週末までに、体調を万全に戻します。

ツアーはあと半分!
その間にイベントもいくつかあるけど、かずきんの万全を私が汚染するワケにはいきません。
しっかりしなくちゃ!!







(以下、コメント返信)
>ぷうちゃんへ
こんな感じの感想でした。…すいません。
[出遅れ]なんて、ないですよ。
実際、私 こんなに騒いでますが、ツアーは2回目ですし。
1回しか行かない人は、その1回を、思いっきり楽しめたら、それで大成功だと思うのです。
そして、かずきんなら、どの1回も きっと最高に楽しめますよ!
[一球入魂!]?…いい言葉がありましたね。




応援よろしくです☆
人気blogランキングへ
スポンサーサイト



コメント

毎回楽しいレポありがとうございます!!
もう何だか行く前から興奮状態になりそう(^^;)
私、今回は初!生和樹くんなので真ん中はやめて
端でじっくり見たいなぁ~なんて・・・
いやぁ~早く26日にならないかなぁ~
野乃さんは次はどちらに行かれるんですか?
大阪かな?
2006.11.06 20:10: | URL | よっちゃん  [ 編集]


今回も笑わせて頂きましたv本当に楽しいレポでした!
やっぱり好きだ~(またしても告ってマス/笑)
名古屋弁でノリノリなかずきん、聞きたいぃ~
そういえば東京は方言って無いし、どうなるのかちょっと楽しみです♪
ライブなんて初めて行くので私も端っこにしようかと。
場所取りは肝心ですもんね~。やっぱり左かな(*^_^*)
たとえ東京しか行けなくても、こうしてその日のライブの様子が覗けることが嬉しいです。いつもありがとうデス。
2006.11.06 21:26: | URL | ぷうちゃん  [ 編集]


のんちゃん、昨日もお疲れ様でした。
ほんでこのオモシロレポで笑わせてもらいました!
昨日はあのまま帰らずカラオケで【ナリキリKZKライブ】を開催したかった!
(ヒダさんにちょびっとの印税も入るし/笑)
…今ライブDVD観ながらなので…何を書いてるのか…。
ホンマに名古屋参加出来て良かったよね♪

また週末に~。
あ、環状線大丈夫やった?ライブより疲れたよ。
2006.11.06 22:42: | URL | ロコ  [ 編集]

URL:

Pass:
管理者にだけ表示を許可する


05<  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >07



templete by*淀川宮戸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。