面白い事、なんかないかね。

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ ------[--]  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ 20060921[Thu]  ウインブルドンへいらっしゃい。
最近も もっぱら王子様にどっぷりボッチャンコな私です。どうも。
夕食時にTVを見ながらもっそり食事を貪る庶民家庭に育っておりますもんで、今日も鶏肉をもそもそ頬張りながら観てました。
テニス映画『ウインブルドン』。
主演男優は『ビバヒル』の金髪赤ら顔のMr.スティーブを30代にしたらこんな感じ、な世界ランク119位の男。
ヒロインはチアーズ?スパイダーマンのMJ?…ってどっちも同じ人じゃん!ちょっと頬骨張って肩のガッシリしたあの女優。役柄は…女子テニス界の横峰さくらVer.ロシア?な女性。
普段、スポーツ観戦なんて全くしないし、TVで観ても精々深夜の『すぽると!』レベールの知識しかないので、ここぞとばかりに『テニス』のお勉強。…のつもりが、いつの間にか普通に映画を楽しんでしまいました。だって潔いまでのラヴ・サクセスストーリーだったもんで。痛快で。爽快で。
ウインブルドンなんて、今までNHKの深夜に放送されているのを寝そうな頭で片目開けて踏ん張って10分程度眺めたことしかなかったもんで(『見たこと無い』と同意語)「へー。センターコートって、あーいう感じなんだぁ。。。」と改めて知りました。無知でゴメン!
だもんで、『全オープン』と『全オープン』がある事は知っていたハズなのに、映画の大会がどちらなのかを終盤までわからぬまま、どっちかというとラヴなストーリィに酔いしれてしまいました。だって、爽快なんだもの。
主人公に対して『主人公なんだから、最後も爽快に勝って☆』と思いつつ、『気を失っても尚君臨する姿だって美しいじゃない!それも一つのラストエンディング!!』と、別の次元を見つめている私の脳内での戦いは見事に映画には影響せず、最後まで爽快!でした。
家族と栄誉と自信と、愛を手に入れるヒーロー。イイじゃない!!
録画はしていなかったので、機会があればDVDでも手に入れようかしら と今思っております。そして寝る前に観て、私もウインブルドンに連れて行ってもらうのだ!ハヒフヘホクロの王子様に!!
…おっと、最後に余計な妄想を付けてしまいました。迂・闊☆
まだご覧になった事のない方は是非、ご覧あれ☆
そしてお好みの王子様で夢の脳内変換を…もういいですか?(笑)…ボスケテ…
スポンサーサイト



コメント
URL:

Pass:
管理者にだけ表示を許可する


03<  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >05



templete by*淀川宮戸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。