面白い事、なんかないかね。

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ ------[--]  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ 20060711[Tue]  苺の%
20060711234104

イオンウォーター気に入った。


毎日、暑暑暑暑いから バテバテです。

お家ににいると
ついついつい うたた寝をしてしまいます。

しかし寝ても寝ても まだ眠いですよ………
眠りが浅いというか…


で、うたた寝で夢を観たので夢日記を………













ここ2、3日 『かずきん』て(記事で)言ってないなぁ~ と思いながら、お家に帰って 程なく沈没。
うつぶせで。枕もひかずに。





そして夢を見ました。
ハキと思い出したので、記しておきます。


私は 何やら(怪しい)仕事をしていて、(怪しい)取引の時間を待っていたのですが、その場所が

西部劇で良く見られる 『荒野のバー』。
しかも真っ昼間。

その地が本物のアメリカ・西部だったかは定かではないが、出演者はほぼ外国の方でした。


その入り口近くから、取引現場である 斜向かいにあるくだもの屋さんの様子を じっと監視して、取引相手が現れるのを待っていました。

よくわかりませんが、かなり警戒している様でした。

「(取引って英語だよね……英語…英語…………)」

別の緊張も混ざりつつ
ふと 目を上げて バーの入り口を見れば
『加藤和樹ライブ!』
の ポスターが。

海外進出!!!

そうなると
仕事やら取引やら 知らないっス!ライブ重視っス!
と 体育会系のノリで即決。

どーんっと、勢い良く店の中に入ると 天井まで何重にも積み上げられたドラムセットがステージの下にあるのを見付けました。

圧巻……。

少し見惚れながら
「(今日のライブ、ドラマー何人いてるんだ…)」と その光景に 思わず一歩後退り。

すると 運悪く、私の肩くらいの身長の方にぶつかってしまいます。
「すいません、不注意で…」
と 謝罪しつつ、その人の顔を見ると なんと!ロッカフラグースのあきよし(Vo.)さん!!
しかも あきよしさんはドラムスティックを持ってらっしゃって
「(あきよしさんも、かずきんのバックバンドのメンバーさんやったんや!!)」
と 嬉しいような驚きで フリーズしてしまいます。
Vo.さんなのに、何故自然にドラマーだと思い込んだんだか………

「じゃあ…」と行って楽屋に去っていく あきよしさんをフリーズしたまま見送りつつ

客席につかねば…と 店の奥へ移動。

店の店員に
「すいません~ 今日満席なんで、相席になりますけど~」「(ライブ見れるなら)かまいません!」と即答した私が案内された席は 最前席。
普通なら 泣いて喜びますが、その席というのが『炬燵』だったので
「…ホントにここですか?」
と 店員に確認。
そこしかない、と言われ、勇気を出して相席の面子の方に声をかけます
「すいません、失礼します……。」

相席の方、というのが明らかに『イマドキな女子高生』の方で どう接して良いのか戸惑い、緊張し、
しかも初対面の知らない方と 一つの炬燵に足を一緒に入れねばならないという不快感も混ぜ合わさって

「…ちょっと失礼します………」
と 顔青くしつつフラフラともう一度外へ……

「てゆうか、取引、もうすぐ時間や…」

そうそう、そういえば…と くだもの屋さんの様子を伺ってみると
店の奥から なんと かずきんがお一人で登場!

しかし 店のまわりにいらっしゃる方々はあまり気付いてない様子。

私はといえば、突然の奇跡に
「かずきんが取引なくだものでかっこいいけど何何何なんだこりゃ~(◎△◎;)」
と パニック状態。
あたふたあたふた。擬音にするなら、そういう感じ。

その間に、かずきんは颯爽とバー(道を横断してこちら側)に向かって 歩いて来ます。

「(ヒー! こっちにいらっしゃる!! どうしたら良いの? 何か言った方がいいの?!)」

未だに混乱中の私。
どうしても『何か』言いたいやら、したいやら…の欲が出てきてしまうから より慌ててしまうんですね………(粘着。)

すると かずきんは、おもむろにご自分の持っていたトートバックに手を入れ、何かを取出し、近くにいた街の方々に
「オハヨウゴザイマス。カトウカズキデス。」
と 眩しい笑顔と共にそれを配り出します。

「(…何を配って???飴………?)」
よくよく目をこらして見てみると それは

真っ赤に熟した 大きい苺。

「(とよ○かーーーー!!!(((゜Д゜;))))」

カバンから剥き出しで苺がボロボロ出て来た事に驚愕しながら 自然と左手は前に…

私にも「はい、どうぞ。」と とよ○かを手渡し、バーの中へ入っていく かずきん。
素敵メン☆

手の中の苺の行く末に迷い その場を動けずにいる私………

手のひらにボンっと苺が一つ。
かずきんから貰った苺…

どうしようかな…
どうしたらいいかな~………






夢はそこで終わったのですがね。
終わらせたのですがね。

でも 案外…花をいただくより嬉しかも。
なんてな。

夢じゃなくて、覚めないまま もし続きがあったら、
その場で食べて「おいしい」と 言いたいかな。

なんちて。

起きても 夢見がちがちよな。
スポンサーサイト



コメント
URL:

Pass:
管理者にだけ表示を許可する


10<  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >12



templete by*淀川宮戸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。