面白い事、なんかないかね。

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ ------[--]  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ 20051222[Thu]  遺伝子感想。
どの遺伝子って
Pinkの遺伝子 (12)です。
毎回 『あほか…』と言いながら 何やかんやで 観ています。

今回はLeadじゃないですよ。
城田ンとTakuya君が出演でした。

思えばOA延期になってしまった事で ずいぶん待ったような…
その分期待度も それなりに高かったのですが ね 。。。



12話 『キケンな関係』


とりあえず あらすじから。

チヅル(石井めぐる)は、大好きなマキ(城田優)と今日こそ一緒に帰ろうと偶然を装うが失敗してしまう。

その帰り道、変質者に襲われているかわいい少年を助け、家まで送り届けることに。

驚いたことに、その少年はマキの兄(Takuya)だった。

マキの兄は、チヅルを気に入り、自分のかわいさをフルに活用してチヅルの心を奪うと宣言!

が、実は、マキもチヅルのことを好きになっていた。

そして、これまで兄に好きな女の子を譲ってきた自分を変えようと、今回ばかりは譲れないとマキもチヅルを渡さない宣言をする!


2人の想いを知ったチヅルの出した答えとは・・・




…ついでにこのまま キャラクター紹介文も。

管野チヅル(石井めぐる)一途に想い続けていた彼の兄(超かわいい)を痴漢から守ったことで兄から惚れられることに。実は弟からも思われていて、三角関係に・・・

残念ながら あまり私好みのカワイ女子ではありませんでした。
『おっぱい大きいし』とセンリに言わせた程のモノも 結局未確認。
隠れ型かもしれませんね。
2人から同時に告白されて 『どうしよう~』と友人に相談してはいるものの アレな妄想しか浮かばない ぶっ飛び女。

ちなみに 妄想の出来はなかなか… ?
悔しいですが、カッコよかったですね。
…悔しい。。。

必殺技は 『カンゲキック』。
痴漢やセンリに群がる同校の生徒にも、考えにふけっている時でも
いつでもどこでも 容赦なく繰り出します。
見た目以上に強力なようです。

彼女のケータイには マキマキやセンリのお宝ショットが…!!
くれ! と 強く叫びたかった。


中条マキ(城田優)背が高く、かっこよく、しっかり者。チヅルのことが前から好きであったにもかかわらず、想いを告げずに心に秘めていた。兄を痴漢から守る。

確かに 背が高い。
かっこいい…。
…しっかり者…?

では何故 眼鏡じゃないんだと問いたい。
残念でならない。
『兄を痴漢から守る。』様は あまり観られませんでした。
残念でならない。(再)

どうやらボクシング部所属という事らしいのだが
痴漢を撃退した方法は 『カカトオトシ!!』
いや 十分素敵でしたが 設定がまったく活かされていないのが…

まぁ いいか。


最初の台詞は「管野、パンツ見えてっぞ。」

2度目の登場シーンは シャワー後の家でおくつろぎマキマキ。
上半身 裸。

そういうドラマだもんな…(複雑)

ある意味想像通りの城田ンが観られたので 結構満足。
…満足?


中条センリ(Takuya)マキの兄であるが、背が低く華奢で女の子のようにかわいい顔からそのように思われない。よく、痴漢に襲われる。痴漢から助けてくれたチヅルに恋し、奪ってやると企む。

Takuya君を『女の子のようにかわいい顔』とは思いませんが
それでも (超かわいい) ということで 間違いありません。
肌も白い。 確かに。

フェニックス学園には通っていないようです。
えー?私服校?
…いや、通ってない 感じか。。。
いくつ上か最後まで不明。
チッ!

痴漢のささやかな望みは 彼に女装してもらい『オニィタマv』と呼ばれること。
どこが ささやかだ。
別に女装は好きでも嫌いでもないので ピンクのヒラヒラで金髪ロングで カワイ系ロリVer.のTakuya君でもへっちゃらです。(何がだ。)
ただ スカートの裾から覗く生足・生ひざには キュンとしてました。(自白) 
女子より魅力的な足でした。(最低)

ドラマ中 一度も名前を呼ばれず、クレジットにも出ないままだったので てっきり名前は無いものと思ったら 公式に載ってた。
あるなら 呼ばせろよぅ!

マキマキの前とチヅルの前とでは 全然人格が違うようだったのですが
…中途半端でしたな。
Takuya君の演技が というより 演出が。脚本が。
30分では 彼らの魅力は活かしきれませんから。
ホンマ 残念やわ~。

白センリは もっと きゃっきゃと、覚醒時のジローくらい 元気なコでもよかったのに。
もっと にぃこー★★★って 笑ってミソ。 と思ってた。

黒センリは… まぁ 悪いコってか ただのエロを求める青年でした。
マキに『皿洗っといて~』位のわがまま兄でもよかったのに。のに。
出てきた台詞は
「『狙った獲物は逃がさない』。それが俺のモットー」
…まぁ…。。。かわいくはあるなぁ。(弱)

どうせならサブタイトル、『キケンなアニキ』にしてもよかったのに。。。
とか
どうせなら マキ×セン ぽく演出してくれてもよかったのに…
とか

ミュ好きとして(?) 望みが高すぎました。反省。

とりあえず 週末、友達に見せて ヒかせてみようと思います。

アホなドラマは アホになって見ないと 面白くないスからね~。





応援よろしくです!↓
人気blogランキング参加中★★★
20050526210624.jpg





スポンサーサイト



コメント
URL:

Pass:
管理者にだけ表示を許可する


08<  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >10



templete by*淀川宮戸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。