面白い事、なんかないかね。

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ ------[--]  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ 20051120[Sun]  BLOOD+(7)
いい話でした。

ヤンバルの自然保護センターに囚われたジョージを救いに向かったサヤ一行。
しかし そこはヨクシュに占拠されおり、実験室の者の手によってジョージもヨクシュにされてしまっていた。
完全にヨクシュになる前に ヒトのまま死ぬ事を望むジョージ。
サヤは自分の血で ジョージを送った。

『明日の為に、今日を生きろ』その言葉を残して。

が 前回。

待っていたリクにジョージの死を告げるトコロから今回は始まります。


Episode-7 わたしがやらなきゃ

舞台は船の中。
結構大きい。
『アカイタテ』案外お金ありますな…

沖縄を離れ、どこかへ向かつている様です。
二日の眠りから目覚めるサヤ。
はらぺこです。
可愛い。

ジョージの死を受け入れられず、部屋に閉じこもるリク。

それはさておき(非情)靴ヒモが解けているのをカイに注意され、結び直してもらうサヤ。
う…可愛い。(*≧w≦*)

自然保護センターの爆破後、密猟者の証言などから謎を探る新聞記者(こちらもぞんざいな扱い)

天気が良いのでデッキにてチェロを弾くハジ
マイペース~!(人´∀`).☆彡
上がるテンション。
しょうがないね。

暗にサヤを呼んでいたのか…?作戦通り(?)サヤを呼び出すことに成功するハジ。

「私の過去を教えて」

サヤの問いに例の刀をチェロケースから取り出すハジ
何するんだ この人…
だいたい 刀、ハジが管理するんだ…下僕?荷物持ち?

そして 踊り出すハジ…あ いや、踊りじゃないや、殺陣でした。

綺麗ですが…これは???

「これが…私の知る貴方の太刀筋、貴方の技、私の教えられる過去に繋がる道筋。」

…えー?(◎-◎;)

「そんなことじゃない。私、もっとちゃんと知りたいの」

そうだそうだー!いじわる言ってねぇで教えてあげろよハジー( ̄^ ̄)

でも 今のサヤの事、ちゃんと考えてあげてるみたい。

「それ(過去)を知れば、今を失う。今の貴方では真実を受けとめる事が出来ない」

つまり 暴走する可能性があるから

「ヨクシュと戦う事、そこに答えがあるハズです」

ウデを磨け と。

いいなーハジ。
まわりくどくて。

「私がやらなきゃ、ダメなんだよね」

ジョージの言葉を胸に、サヤの戦う決意が固まる。

強いコだぁ~。
サヤも。
サヤの事もジョージの事も『何も出来ない』自分自身も受け入れてるカイも、
いつも真実から離されているけど、捻ずに家族を想う事が出来るリクも。
とっても強くて頑張り屋さんのいいコ達、いい兄弟。ジョージは、立派な素敵な親だなぁ~なんて じーんとしていたら…

出てきちゃったよ アル。
…えぇ~?(*_*)
出ないと思って油断していたので ドキーッ( ̄□ ̄;)!!
↑喜んでいます。

ベトナムに颯爽と上陸、アルジャーノ。
おや?後ろの樺地…新人部下にでっかい荷物(おそらく二つともアルの。)を持たせて…
「ムシ暑い」と、いつもの嫌味。
何となく、
この人、同じスーツを何着も持ってるタイプだな。

空港までアルを迎えに来たのはベトナム支社のカール君。

黒髪、長髪、アオザイ、美青年…真面目そう…

きっとこの人今後、アルの嫌味と飴党(あめとう)に巻き込まれて うんざりする事になるんだろうなぁ~
ドキドキ(もしくはニヤニヤ)の展開になってきましたな~(* ̄▽ ̄*)

来週から舞台はベトナム。
サヤが女子校に潜入!
ハジが木の上から(授業中のサヤを)見守ってくれたらニヤ~ん♪ヽ(*´∀`)ノなのにな。

だいぶヨコシマな感想に…
ん~ 反省。

スポンサーサイト



コメント
URL:

Pass:
管理者にだけ表示を許可する


09<  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >11



templete by*淀川宮戸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。