面白い事、なんかないかね。

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ ------[--]  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ 20070313[Tue]  我輩は手帳である。[4410編]
名前は[みどり]。


2006年の暮頃より、このブログの管理者である我輩の主人の日々の予定の管理を担っておる。

さて、単なるネタの一つであったはずの我輩が、何故この様な形で再度記事を作成しているかというと、前回の主人の記事に投稿されたコメントの返信を任されてしまったからである。

>ししとうさんの「グロ-リ-」って和樹のアルバムに入ってる「グロ-リ-」ですか?
誰かのカバ-曲って話は聞いたような気がしますがししとうさんがオリジナル曲を歌っているのですか?


今回はこの質問について我輩から答えたいと思う。
情報だけを並べるならまだしも、そこに個人の感想を挟む…それにはこのバンドに対する自分のデータが不完全であると自覚している故に、第三者から解説させて、自らを矢面には立たせずに済ませよう、という如何にも浅ましい考えである。我があるじながら、まことに愚かなり。
いくつかの情報と推測による話を、今からしようと思う。

こちらにお越しくださった皆々様、特に[ししとう]を応援しているファンの方々には、以下も、寛大なお心で閲覧願いたい。


もちろん我輩もご主人も、ご本人様や事務所様との一切の私的な関係は無い。そして、公的な関係も、前者以上に一切無い。
再度申し上げるが、いくつかの情報と推測によって何となく状況を飲み込んだに過ぎないのである。

ご了承いただけるかな?
では、続きへ進むがよい。





まず、[ししとう]というバンドのご紹介から。
埼玉の大学のサークルを通して出会った斎藤ゆうすけ(Vo)、堀井建季(Gt)、須藤真吾(Ba)、久保タツル(Dr)の4人によって結成。
関東近郊でライブ活動を中心に活動中。

デモ音源CDは[とべ!ししとう!](※現在配布終了)、[そうさ僕らはNo Future]の2枚。
3月14日発売のコンピレーションアルバム『Battle Compilation vol.1』に ししとうの楽曲、「青年の春」と「コバルトブルーオーシャン」を2曲収録。
3月28日にはデビューミニアルバム『グリーンモンスター』が発売となる。


残念ながらご主人は今まで彼らのライブを見たことはない、しかしWEB上で視聴出来る音源を聴いた限りでは、そのバンドの印象は[若い!]
実にエネルギッシュで[ちょっと青臭くてピリっと辛い]バンドコンセプトそのままの音だと感じたそうだ。
メンバー殿も、それぞれパンクロックもお好きの様だが、特にライブでのVoの斎藤ゆうすけのキレたパフォーマンスはなかなかにスゴイパワーだそうだ。
関西でもライブを観れる日が来ればよいな、ご主人。

さて、その ししとう。
何故加藤和樹にどっぷりの我があるじが興味を持ち始めたか、そのきっかけとなった事は、というと、何より単純な話。

加藤和樹と同じ所属事務所だったのである。 →コチラ

こちらの事務所に所属している[アーティスト]は加藤を含めて3組。
あるじが心酔する[加藤和樹]、既にお気に入りバンドとなっている[ロッカフラグース]、そして[ししとう]である。

ご存知の方も多くいらっしゃるとは思うが、ロッカフラのヒダ殿はベストアクターズCD002『KK as KEIGO ATOBE』の中に収録されている[FLAMING ICE]の作曲に始まり、[君とずっと](※『Rough Diamond』収録)、[僕らの未来~3月4日~](※『Vampire』収録)の作曲、そしてライブでのバックバンドのGtをつとめておいでだ。
同じくロッカフラのドラマー・まえP殿も[ライン]そして皆が大好きな[Starlight Dreamer]の作曲をされておる。

あるじは[音楽と人は点ではなく線、目には見えない縁で繋がり広がっていくのだ]と信じている。だからいつしか[ししとうも、いつか かずきんの音楽活動に関係してくるのではないか]と、考える様になっていたのである。

そして
結論から言えば、その考え方は今回もあながち外れてはいなかったのではなかろうか。
これ以上脱線する前に話を戻すとしよう。

>ししとうさんの「グロ-リ-」って和樹のアルバムに入ってる「グロ-リ-」ですか?
誰かのカバ-曲って話は聞いたような気がしますがししとうさんがオリジナル曲を歌っているのですか?


答えは2つともに[Yes]である。
加藤和樹のライブで歌われている[グローリー]、この楽曲の作曲者については加藤サイドからの説明は未だ無い。
が、これは別に[隠している]というワケでもないのであろう。
加藤和樹はソロのアーティストだが、現在までの持ち歌となっている楽曲の作詞は何曲かは自身が手掛けてはいるが、作曲は全て提供なのだ。
特に思い入れの強い田中明仁(@ザ・ベイビースターズVo)の作曲でもない限り、ライブのMCで作曲者の名前を言う事は、まず無いだろう。
大体、ライブで一曲一曲丁寧に「この曲は○○さんの作曲で、△△さんの作詞で…」と説明する等、野暮というものだ。雑誌のインタビューの時にも然り。
作曲者や作詞者の名前なぞ、CDを購入してクレジットを眺めれば一目瞭然。知りたい者だけが、そこに注目し「へ~、なるほど~。」一人ほくそえんでいれば良いのである。ご主人などは、それが楽しみなのであろうな。変わっておるよな。
また話が逸れてしまったな…つまり、加藤サイドからの[グローリー]の説明は無い。
無いが、別に隠しているというワケでもなさそうだ、と思うのである。(特に今となっては。)
だから敢えて、詳細に回答しよう。

[グローリー]がししとうの楽曲、その確信が持てたのは2006年11月末、ししとうのBBS内での出来事。
>先日、加藤和樹くんのライブで聞いた「グローリー」が忘れられません!ししとうさんの曲だとチラシを見て知ったのですが、「グローリー」が入っているCD等ありますか?ぜひ購入したいです。
という様な書き込みがあった。
ここでいう[チラシ]は ししとうサイドで配布されたものなのか、何なのかは不明であるが、要点はメンバー殿自ら[音源にはなっていないが、Yes]と返信なさった事である。

[グローリー]は ししとう作曲。
成るほど。
そして 一つ、確定した事実をかみ締めた後に浮かんできたのは[楽曲提供]と呼ぶべきか[カバー]と呼ぶべきか、という疑問であった。
ライブで今現在も ししとうが[グローリー]を演奏しているのであれば[グローリー]は[加藤和樹]の曲であり[ししとう]の曲でもあるだ。
前出の[FLAMING ICE][君とずっと][僕らの未来~3月4日~][ライン][Starlight Dreamer]等の楽曲とは違うかもしれない。
完全に[提供]してしまったのでないのであれば敬意を表して[カバー曲]だというのが正しい、と思うのだ。
…そう思うのだがしかし、ししとうのライブは関東近郊でしか行われていないので確認したくても出来ないでいた。

そこへ
ししとう、ミニアルバムでデビュー!
『グリーンモンスター』の中に[グローリー]収録!
更に、[グローリー]MBS毎日放送の「mm-TV」(日~木、27時枠)の4月度エンディングテーマに決定!

そして先日のARENA37℃でのインタビュー掲載!

[グローリーはししとう作曲のカバー曲]だったのだ!!

嗚呼、すっきり!!
つい気分が向上してしまい[おめでとう!]など、書いてしまったのである。
昨日の記事を書き上げた後のご主人は、書いてしまってドキドキ、(質問の)コメントが来てしまって更にドキドキ!したそうだぞ。
ししとうをよく知らない今、紹介するのに良い説明が出来るかどうかで不安だったのだな。…だから我輩が説明役なのである。う~む…めんどくさい主人をもってしまったものだ………

ししとうが関西でもライブを行ってくれるとよいな。
そして、加藤和樹との相乗効果で、お互いにより良い高みへ昇って行ければ、何よりだな。
我輩も、ご主人と共に[加藤和樹]と音楽を愛して行こうと思っておるぞ。


さて、よっちゃん殿、こんな説明でご納得いただけだであろうか?
もし不明な点があれば、是非とも ししとうのBBSに直接問うてみるのが良いと思うぞ。勇気を出して、レッツトライ!


では、最後に ししとうのメンバー方々のブログから得た走り書きメモを残しておく。
何の役にも立たんとは思うがな。それぞれのキャラクター把握の足がかりに…とでも思っていただきたい。
では、またお会いできる日があれば、その時は どうぞ良しなに。
これからも愚図なご主人をよろしく。
長々と失礼した。



○ししとうメモ○
斎藤ゆうすけ(Vo)/ゆうすけ不定期新聞
射手座。
4代目となる自転車の名前をブログで募集。
しかし発表前に駅に放置していた為紛失(盗難?撤去?)
[戻ってきてほしいから]という理由で自ら[シャケ]と命名。(募集意味無し)
ガンダムが好き。ピルクルが好き。サッカーが好き。
よく遅刻する。
俺系?(俺『様』迄はいかない)


堀井建季(Gt)/タケニッキ
ホリイタケキ。
秋田県出身。
ツッコミ系体質?しかし生活態度はユル。
電車嫌い。乗り物嫌い。
06年秋頃「花粉症かも」
06年11月28日、加藤和樹のAXライブ観覧に寝坊。それでも向かおうとしたが雨が降っていたので中止に。
酒好き。
「何で冷蔵庫にラジカセ入ってるの?」「壊れたから」
マイウェイ。


須藤真吾(Ba)/しんごのわくわくにっき
岩手県出身?
ラーメン屋でバイト?
高2の弟、カワイイ妹がいる。
06年3月24日大学卒業。
コブクロやスピッツも好き。
小西真奈美の事を[コニたん]と呼ぶ。
06年11月28日の加藤和樹AXライブに観覧に来ていた。
真面目で実直そう。


久保タツル(Dr)/なんでもない日々バンザイ
鹿児島出身。
サッカーが好き。FFが好き?ドラクエが好き?
06年3月24日大学卒業。
良い人そう…?


メモ用紙の書くスペースがなくなったのでここで終了。
以上、ししとうメモでした。
あ、どうも野乃です。
おしゃべりな手帳に長々とお付き合いありがとうございました(笑)
この記事はなんと、追記の部分を編集ミスで消してしまいまして…書き直したモノでございました。あー…私って[めんどくさい]。
1回目と同じ様には書き直せませんでした。 …ちょっと悔しい……
以下はコメント返信です。(反転)
>よっちゃんへ
と、いう感じで。長くなるのが目に見えていたので、記事にて返信お届けしてみました。
37℃のイラストのコーナー、気づいてない人、案外たくさんいらっしゃるかもしれないですね~。
音楽的に優れている人が、必ずしも画力も高いとは限らない、という実例ですね。
うまくても下手でも面白い!不思議ですね。


>ぷうちゃんへ
まぁ…ぷうちゃんまで…?
ありゃぁ~、じゃあ案外記事に取り上げてみてよかったですね☆
新たな発見、って感じで更にお得感が増しますね!
>ちびまる子!「そうそう!それそれ!!」帽子が特にね(笑)

あ!2月号の[イノシシ]のチェックもお忘れなく!!

[グローリー]や[Shake!~~]はライブの時よりテンポが遅いらしいですね。…どんな印象に変わるんだろう…そういえば、[HIGHER!]もCDのテンポは遅いですもんね…。
んー…楽しみ。


では、また次回☆
スポンサーサイト
17:12 | 音楽 |  comment:3



コメント

みどりさ~ん 先に進めないですよぉ~(笑)
記事のUPお願いしま~すm(_ _)m
2007.03.13 21:37: | URL | よっちゃん  [ 編集]


あら~大変な事になってたんですねぇ~(^^;)
でもとってもよくわかりましたぁ~
私も作詞、作曲者とか結構気になるタイプ
なんですよぉ~
曲に拘り持っちゃうタイプなので・・・
でも音楽っていいですよね。人と人との関わりが
何だかいいなぁ~
本当に和樹くんのアルバム楽しみだなぁ~(*^^*)
和樹くんの声も大好きだからねぇ~
2007.03.14 06:16: | URL | よっちゃん  [ 編集]


連続ですみませんm(_ _)m
今日のCDデ-タにちゃんと「ししとうさんのカバ-曲」って
書いてましたねぇ~
ライブでやって盛り上がって最後に録音したって♪
本当に曲解説の文章大好きですぅ~
そしてCDデ-タを読んで益々「Lost Time」が超楽しみ~♪
多分私の大好き系なマイナ-系のロックではないか???
と想像しちゃってます!!
この曲は作曲は誰なのかな~?
2007.03.14 20:43: | URL | よっちゃん  [ 編集]

URL:

Pass:
管理者にだけ表示を許可する


09<  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >11



templete by*淀川宮戸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。