面白い事、なんかないかね。

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ ------[--]  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ 20070225[Sun]  そばにいて旅行記(5)
2月11日の握手会の思い出話をひとつ。
そして これにて [そばにいて旅行記]最終回となります。
短く、スパン!と、心がけ。



(ネタバレ?という程の事もないのですが……)













1回目のライブが終了した後、ステージの下に茶色の長机がセッティングされ、ステージ下手側に握手会の列が作られ、準備完了。
ここで、イメージをより鮮明に再現していただく為にも、友人から頂いたステージの画像を再載させていただきます。
はい、ドン。
握手会用テーブルが出てきました…

以前の握手会の際にも言わせて頂いた事なのですが、この[一つテーブルを挟んでのご対面]というのは、精神的にも更に一つ、隔たりを作られてしまった、と感じる冷静な私を生み出すのです。
お調子に乗りすぎるとロクな事がない私としては、大変良い意味を持つテーブル、と言えるのでしょう。まことに残念な事に。

その冷静な私の、[前ばかりを見るのではなく、たまには かずきんの目線も意識してみてはDoか?]と、余計な一言に耳を貸してしまったが故に、かずきんとの接触まであと3人!(ちょうドキドキ♪)という大事な局面で テーブルの前に広がる女子塊を目に入れてしまったのです。

ステージ前にスタンディングの観客場所があったという事は…
そのステージ下に握手会の場所が設置されたという事は…

つまり、観客席にいる全員から、握手する かずきんと、入れ替わり立ち替わる女子がず――っとガン見出来る、という事なのです。
すぐ、そばで。

数分前までは私自身もその女子塊の一要素であったというのに、何故だかその時は 恋に踊るピンクのキラキラ輝く左の瞳と前後左右に居並ぶライバル達を値踏みする様なギラついた右目を持つ大変POPで恐ろし気な数百の生き物がひしめいているように見えたのです。

正直、腰が引けてしまいました。

オンナノコって、魔法で出来てるンじゃなかったっけ…?どうして集団になると可愛さが迫力に変わってしまうんでしょう。

ビクついているウチに、順番がきてしまいました。
背後からの無言の圧力を感じながらの 握手です。

かっこいい。
何度見ても飽きる事のないオトコマエです。
ライブの時とは、マフラーが違っていました。何?そのオシャレ精神?素敵。
こちらは先程まで寒さや眩しさと戦いながらのライブだったというのに、大好きです。
私の中にも陰と陽の生き物がうごめいているのです。だってオンナノコだから。一応。

「こんにちわ。」
「こんにちはー。」
「ライブはやっぱり気持ちがいいですね!めっちゃかっこよかったです!!」
「そうですか? ありがとうございます。」

確かその様な会話をさせていただいたと思います。
すっかりノボせ上がってしまいましたので、その貴重な一瞬の記憶をいくら脳内で検索してもヒットしないのです。

しかし、私のすぐ後ろで見ていてくれた友人によると

「大丈夫、ちゃんと笑えてたで。」

うん、まずそれは大事ですよね。
[ちゃんと]笑えていたのなら、まぁよし!としておきましょうね。
私にしては上出来です。
背筋は伸びていたかしら?両手で握手を握り返せていたのかしら?
思い出せません。

思い出せるのは、かずきんの顔色が[土気色]だった事くらい。
ライブは大変アツイ内容となったのに、実際のステージ上は相当の極寒の地だったのでしょう。

顔色悪いのに笑顔が素敵!

何だかよくわからないままに終了した1回目の握手でした。



そして、さらによくわからない握手になったのが2回目です。


1回目の時よりも更にテンションが上がった私は 例えるならば、小学野球部少年が、試合後にグラウンドに整列し挨拶をするスポーツマン精神溢れる感じです。

「ライブおつかれさまでした![Sarlight Dreamer]めっちゃカッコよかったです!!」

関西弁アクセント丸出し、そして早口でまくし立て、ばちん!と音がする程勢い良く握手してしまいました。がっつり。

[ありがトゥーございましたァー!!]
帽子を取って、深々と 礼。
そんな感じね。
テンション上がり過ぎていたのです。

そんな感じで、コールド負け。はい、試合終了~!!

おそらく聞き取れなくて「?」でもプロ精神でかろうじて笑顔…?でも若干ヒいてる… そんな かずきんの手をスポーツマンシップに則りペーイ!と振り払い、退場。

何やってンだ、私………。

もうライブ後の握手は嫌だ…。と、自分の不甲斐なさを悔いながら2日間の夢の様なイベントは幕を閉じたのです。













1歩進んで2歩下がる。
人生ってそんなもんだろぅ?と、肩を優しく撫でて欲しい。
そんな残念な私。
冷え込む夜の闇の中、PCの明かりに頼りながらも10日以上も前の事をさっきの出来事の様に思い返しては 悶え苦しむのでした。

しあわせってなんですか?












(以下、コメント返信/反転)
>ぷうちゃんへ
うっちぃ影山のところの写真、うん。カワウィウィ~♪ですよね。
ホントに、いつかフットサルしている所を少し遠くから双眼鏡とベーグルを片手に観戦したいです。
参戦する体力はないですが、応援ならば声の限りに叫んでみたってかまわない、そう思ってみたりもしています。
あー、ライブ行きたい………

スポンサーサイト



コメント

こんにちは。
握手会って誰の時もいつの時もこれで良かった-
って思えることがないです(^^;)
いっつも後悔ばっかりな私です・・・
こう言えば良かった~こうすれば良かった~って・・・
でもやっぱり握手出来ただけで幸せだったなぁ~
って思ってますね-って言うか、かずきんに早く
逢いたいぃ~~~ライブ観たいぃ~~~ですね。
2007.02.26 06:05: | URL | よっちゃん  [ 編集]

URL:

Pass:
管理者にだけ表示を許可する


09<  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >11



templete by*淀川宮戸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。