面白い事、なんかないかね。

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ ------[--]  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ 20070215[Thu]  そばにいて旅行記(3)
※長い駄文です。ごめんなさい。

2月11日(日)
2ndシングル「そばにいて」発売記念イベント
お台場パレットプラザにてフリーライブ!


参加してまいりました。


【内容】ライブ+CD販売+握手会
AM11:00~ CD販売開始
PM 1:00~ ライブ(1回目)
PM 2:00~ 握手会(1回目)

PM 3:30~ ライブ(2回目)
PM 4:30~ 握手会(2回目)



このイベントの詳細が発表になったのは 5日前の2月6日でした。
いやぁ~ あの時は慌てた。慌てたねぇ~。 他人事みたいでしょ? もうあまり思い出したくない程、最凶にオタついた夜でした。
まぁ… 行けたから、いいんだけど………今や、そう言って自分を納得させるしか、残された道はないのです。

[Vampire]の名古屋パルコ前での発売記念イベント('06年11月25日)も空が見えたのですが、アレは屋外… というか、店頭前 だったので、気持ち的には今回が初めての青空ライブ!!でした。

曇っていてもそれはそれで[彼らしい]とも思いますが、折角なのだから 晴れたらいいですね☆(2/7)
晴れたらイイナ♪(2/9タイトル
雨は嫌いではありませんが、傘はさすのも持っていくのも嫌いなので 明日、あさっての東京ではざあざあ雨が降りませんように…と ばらきゅりらどらきゅりら祈っております。(2/9)

結果は…
さんざん お天気の心配をしていた 事前の私を呪ってやりたい程に快晴でした。
これについては、後でゆっくりお話したいと思います。





(以下、内容吐露ってます。ご注意!)

会場は お台場のパレットタウンの中のパレットプラザという、広場のような場所に特設されたステージでした。
近くには大観覧車やZEPP TOKYOがあります。
ZEPP TOKYOといえば[ドリライ3rd]でお世話になった会場でございます。「お久しぶりです。」実際に訪れたのは今回で2度目、しかしあまりに思い出深く、大変愛着を持ってしまった場所でありました。
もっと海の方とか散歩しに行ったらよかったなぁ~ と、今 少し残念に思っています。まぁ…そんな事する余裕が全然なかったから、仕方ないんですけど。


8時頃から、円形のパレットプラザにどんどんステージが設営されて行きました。
パレットタウンのショップの1Fと2Fを繋ぐエスカレーターの前に幅15m程、地面からの高さは1.5m程のステージ。
ステージ横には上手側は物販テント、下手側には直前控えテントと音響テントがありました。
ステージの背後にあったエスカレーターを隠すように白い幕が張られ、そこに[KAZUKI KATO]のロゴ横断幕、その下に[そばいにて]のポスターが沢山貼られていました。
こんなにステージを語りたいんだから、写メの1枚でも撮ってくればよかったです。今回は始まるまでは撮れたのに……反省。








ステージの設営が済み、楽器の機材が次々に運び込まれてきます。
ドラム、キーボード、ギター、ベース、ギター……
音響さんの方もセッティングが済み、リハーサルの開始です。

その時点で、既にCDの購入を済ませ、握手会の参加券を貰って ステージ前にて女子がぎゅっと集まっている中で ぼんやり開始時間を待っていたのですが……
ここで、困った事が起きたのです。
さんざん お天気の心配をしていた 事前の私を呪ってやりたい程に快晴。
なんと、太陽からの直射日光を受け続けなければいけなかったのです。
眩しい… 暑い… 眩しい… ま…まぶしい……
頭に浮かぶ言葉はそればかりでした。
ステージ背後の白い幕の上から ギラッと照りつける太陽。
その日は「モヤシ~」と肌の白い友人を、[肌が白い]というだけで、何となくネタでからかって遊んでいたのですが(※イジメじゃないですよ)その言葉をそっくりそのまま自分に向けて言ってやりたいオタクでした。
からかったりしてゴメン。私のほうが軟弱でした(笑)。
数時間前まで背中にカイロを3枚張ってもまだ寒くてふるえていたのが嘘のような暑さ…否、眩しさでした。
2月…?嘘でしょ。 [暖冬]という言葉の真の意味を頭に叩き込まれたのでした。

「(…眩しいなぁ~)」手をおでこにかざしながら かずきん不在で進行するリハーサルを眺めたり、眩しさに負けて俯きながら聴いたりしながら確信しました。

1回目のステージも きっと眩しい。

ごくりと、大きく息を飲む音が、耳の奥まで響きました。

後でMCでおっしゃっていたのですが、このリハーサルの時には かずきんはステージが上から見渡せる3Fから観ていらっしゃったそうです。
そうなの… 私が、眩しさと戦っていたあの時に……? 何かショックでした。(笑)



13時。
元気なスタッフさんの諸注意の後に、かずきん登場!
曲リストは
1 [リアル]
2 [君とずっと]
3 [そばにいて]
4 [WARNING]
5 [Vampire]
6 [Higher Dream]

でした。
[リアル]が始まった時に、「(あ、昨日と同じ曲順。)」と、思って聴いていたら 2回目のMCの後の曲が[Vampire]だったのでビックリしました。
渋谷のイベントはライブハウスみたいな場所だったし、聴いてる人が皆ファンだから[Starlight Dreamer]が超盛り上がる!のだけど、パレットプラザは[加藤和樹]を知らない人もたくさん聴いていたハズなので、「あと2曲」と言われて、「(え!スタドリ(※略した演るの!?)」前だけめっちゃ盛り上がっても大丈夫かな? と不安だったからです。
でも 始まったイントロが [Vampire]!!


「(スタドリ演るの!?)」→「([Vampire]だ!)キャー!!」の 一連の流れのリアクションは、私を始め、隣にいた友人が一番大きくリアクションしてしまったと自負しております。
流石、関西人。
リアクション芸人? 顔芸? …言われても仕方ない程でした。

そして[Vampire]の次が[Higher Dream]!
この曲は'06ツアーのライブでもアンコールのラストの曲になっていた曲です。
[楽しかったあのライブ達々!!]が一瞬にしてフラッシュバック。テンション俄然上がりまくり。
楽しかったです。


そしてもちろん、眩しかったです。
これは、ステージ前の女子塊のポジションのみギラッと眩しく日に照らされており、しかも私、ド真ん中ラインだったので余計にバッチリ眩しかったようです。そんな位置にいられてついてるんだか、ついてないんだか……
ステージの上のかずきんを見るのに目をすぼめて見なければいけない日が来るだなんて、いつかの私は思ってもいませんでした。
眩しくてつい手をかざし… ステージ上の かずきんに失礼だと手を下げ… 目をすぼめ… 「(この眩しさは後光… かずきんのアーティストオーラが背後から光って見えているのだ…)」と頑張って目を開き、眩しさに目をチカチカ、俯いて目頭をグっと押さえて目をマッサージして… ステージにかずきんがいる間中、この繰り返しでした。
……つ、つつつ…ツいて…ル?

こんな状況の私、や周辺のガール達とは真逆に、かずきんの立つステージ上は日陰でした。
羨ましい? いえ、日陰は日陰で寒さとの戦いがあったに違いありません。
暖冬? フハッ!鼻で笑っちゃう程、海風は冷たく吹いていたのです。

ステージ上で暴れていた分、[ふるえる程]では なかったとは、思いますが。
ライブ後、握手会の為に再び登場したかずきんを見た時の私の印象は

「顔色、土気色」 でした。

「顔色悪くない?」「でもライブ自体は楽しそうに暴れてらしたよね?」

「具合が悪い…っていうよりは……寒かったんじゃ……?」

というのが、私と友人の見解でした。
ヒダさんの2/11のブログ
ホントにいいお天気で控え室側はポカポカ!でもステージ側は日陰で激サム(´Д`)なんか違う国を行ったり来たりしてる感じ^^;
と あったので、[寒くて顔色が悪くなってしまった] は、そんなに外れた予想ではなかったかもしれません。

嫌だよ。かずきん、内臓悪くしています。 なんて言われたら…。(腹抱えて散々笑って、その後 凹み、絶望します。)








(そばにいて旅行記つづく!)


(以下、コメント返信/反転)
※先日からコメント返せてなくてすいませんでした!!
>よっちゃんへ
楽しかったですねぇ~ライブ!!
ホントに。私、ニコニコしっぱなしで頬肉が下がらない位でしたからね。お恥ずかしい(笑)
渋谷のライブは、かずきんにとっても久々のライブだったのもあって、盛り上がりが最高でしたね☆
数日経った今でも、右のコブシはいつでも上がるテンションです。
はい、「ライブ最高ー!」


>ぷうちゃんへ
加藤さん、脱雨オトコでしたね。
まぁ、あの… 「限度があるだろ…。」とげんなりしてしまった事は、ここだけの秘密の花園って事で。。。

握手、ぷうちゃんらしく、可愛い結果に終わってよかったですねぇ~☆☆☆
>和樹のおててはふわっと温かくて、ぎゅ~っって
このイメージはもう、[肉まん]的愛しさですね。
>ニッコリ笑顔でキラキラ瞳で、小首傾げて腰をかがめて目線を合わせてくれて・・・
腰をかがめて目線を合わせて!!全ての背の低い女性にジェラります。羨ましすぎる。(笑)

でも、お互いに無事に?握手が出来てよかったですよねぇ~(しみじみ)


>tetepaさんへ
こーさんじゃなくなって、ホントにホントにホンットに残念でした………。
[Vampire]が…[東京ダイヤモンド]が…[WARNING]が… こーさんの手遊び的に繰り出されるフレーズがお気に入りでした。
色んな大人の事情があるのだろうから、これ以上は言わない事にします。
>楽器のセッティングを見ただけで、異変に気づかれるあたりが…
バックバンドメンバーさんに必死になりすぎなのだと思います。
かずきんの仕草やMCや服装を覚えておけない変わりに…と始めた事が、今や感想記事の中心です(笑)
こうなったら、これが[私らしさ]と、割り切…る… しかないですね。


>熊野ゆやさんへ
こんにちわ!!
コメントありがとうございます☆
も ち ろ ん ! 覚えています!!
というか、日参ブログ様にお会い出来て、嬉しかったです~!!
だって毎日こっそり通ってたんだもん。。。
私も ゆやさんのブログに、勇気を出して足跡残して…いきますね。いつか…まぁ…ゆっくり待っていて…くださ…い(超・弱気)
このブログ、楽しんでいただけて ほっとしました…。変態ですいません。
これからも頑張ります☆



スポンサーサイト



コメント
URL:

Pass:
管理者にだけ表示を許可する


05<  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >07



templete by*淀川宮戸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。