面白い事、なんかないかね。

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ ------[--]  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ 20060823[Wed]  劇場版仮面ライダーカブト・感想
[仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE]
8月6日に観てきました。
かなり遅くなりましたが感想です。


※ネタバレご注意!











同時上映は 『轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス』です。
上映はボウケンジャーの方が先でした。
ボウケンの感想は簡潔に。

○星井七瀬カワイイ。

○ライダーと比べてストーリーが わかりやすくて『戦いメイン!』なんですよね。
普段もちゃんと観ていない理由のひとつ。

残念ながら『巨大ロボ戦』は あまり私のツボではないのです。(キパっと)
でも ちびっこは喜んでました。

つか、スーツも含めてボウケンのデザインあんまり好きじゃな(自主規制)

でも ちびっこは喜んでましたから!



會川昇さんの脚本は好きな話が多い…印象なのですが………
親父と息子だし…
インディージョーンズだし…

好きなテーマのハズなのに…
どうしても時間制約からくる詰め込み過ぎ?
…レッドが好みじゃないから?(元も子もない…。。。)

ハマれませんでした。(笑)

○ボウケンジャー、私にはちょこーっと トキメキが足りませんでした。

○歌は大好き。

○サイキックラバーさんもNOBさんも好き。





ちなみに 私が行った映画館は 入り口に(カブトのスポンサーである)オロナミンCを配る カブトの姿がありました。
キャラショーで見れる、きぐるみのカブトがね。

サプラ~イズ!(゜O゜;)

思いがけず格好良いのがいらっしゃったので、動揺してしまいまして オロナミンCを受け取る手が ふるえてしまいました。((*n*;))小心者!!


だって… カブトのスーツは好きなんです。(/TДT)/グッドデザインだよね!


5日、舞台挨拶あった劇場だから たまたまいたのかしら?
毎日いるのかしら?

よくわかりませんが 思わぬところでラッキー↑でした。











さて それでは映画の感想へ…行きたいトコロですが、TV版とはちょっと違った世界・キャラクター設定の劇場版。

念のため劇場版公式情報・用語解説 転記します。
…念のため。
(自分確認の意味含めています。読み飛ばしていただいても 俄然かまいません☆)



●あらすじ●
1999年… 太平洋に落下した巨大隕石によって海が消えた。
そして、その隕石から現れた謎の地球外生命体=ワームが人類を襲い始めた。

秘密組織ZECTは それに対抗すべく[マスクドライダーシステム]を開発、ワーム殲滅の切り札として戦いに投入した。

それから7年後(現在)…
ZECTを離反し抵抗勢力となったネオゼクトは、ふらりと現れた謎の男・天道を仲間に招き入れ、ZECTが遂行する[天空の梯子計画]を乗っ取る計画を開始した。

しかし、人類の希望であるはずのその計画には、大きな秘密が隠されていたのだった。

謀略の渦中にあって、それぞれが信じる志を胸に、火花を散らして激突する仮面ライダー達!

そして、戦いは宇宙空間へと舞台を移し、天道=仮面ライダーカブトの戦いも最終局面を迎える。
黄金のライダーの秘密とは?
天道の目的とは何か?
その謎が解きあかされた時、カブトは新たな力を得る!!





●ZECT●
ワームに対抗すべく結成された秘密組織。
対ワーム装備としてマスクドライダーシステムを開発じ有資格者を戦士として戦いに投入する。

海の干上がってしまった世界にあって、その管理を担うなど、実質 世界はZECTの管制下にあるに等しい状況。

大量の水資源となる彗星を引き寄せる[天空の梯子計画]を打ち立て、さらにその支配力を強めようとしている…

○所属キャラクター○
加賀美新(ガタック)・大和鉄騎(ケタロス)・矢車想(ザビー)・黒崎一誠(コーカサス)/加賀美陸(総帥)・三島正人(幹部)・岬祐月(司令室メインオペレーター)・田所修一(司令官)


●NEO ZECT●
ZECTによる管理を嫌い、組織から飛び出した者たちが中心となって結成されたZECTに対抗する反対勢力。

自由を旗印に、ヘラクスの資格者・織田をリーダーとして、ゲリラ的な活動を行なっている。

大きな廃工場をアジトとして活動を行なっており、ZECTの[ゼクトルーパー]と同じ様に、[ネオトルーパー]という武装した戦闘員を構成員として使い、様々な作戦を実行している。

○所属キャラクター○
織田秀成(ヘラクス)・風間大介(ドレイク)/北斗修羅


●マスクドライダーシステム●
ZECTが開発した対ワーム戦闘システム。
通称「ライダー」「マスクドライダー」。

ゼクターと呼ばれるメカ昆虫を装着することで、瞬時にアーマーを装着(マスクドフォーム)。
さらに脱皮=キャストオフし、ライダーフォームとなったとき、ワームと同じくクロックアップして戦うことができる。

※ゼクターは その意志により戦闘を感知し、時空を切り裂き、資格者の前に現れる。


●クロックアップ機能●
タキオン粒子が体を駆け巡って、時間流を超光速で自在に行動できるようになる。
全てのライダーと成虫のワームが有する能力。


●ワーム●
地球外生物、人類の敵。
昆虫や節足動物に似ていることが多い。
人間に擬態し、多数が人間社会の中に浸透している。ワームとして本性を現すと、サナギから脱皮し成虫の姿になる。










[ 続きを読む ]
スポンサーサイト
▼ 20060823[Wed]  お決まりの…
かずきん テニミュ 名古屋 ……ときたら もうお決まりの流れなのですね。

Takuya、昨日はかずきん宅にご宿泊だったそうですよ。(@Takuyaブログより。)

カイ君…相変わらずお元気そうで…てか かぁわいい~~~っ!!!!














今日は18時から テニミュ名古屋公演初演。
地元地元地元…と言いまくっているあの部長は 一体どんな舞台を見せてくださるのでしょうか。

楽しみですね☆


テニミュの長丁場な夏も あと5日!!



templete by*淀川宮戸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。