面白い事、なんかないかね。

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ ------[--]  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ 20060528[Sun]  さようなら、風間ドレイク!(17・18話感想)
毎週癒しの笑顔を振りまいてくれた 風間大介の出番も 今回で一旦終了、と なる様です。
ありがとう 風間大介!

そんなワケで
仮面ライダーカブト、運命の17・18話の感想を書いてみました。

あ、でもその前にあらすじです。

「ねえ、大介。ずっと私の手、握っててね……絶対放さないで……!」
「それは無理だろ」

彼は、その手を放してはならなかった。
たとえ、どんな無理をしても。

決して決して放してはならない手を、放してしまった男をめぐる物語。


仮面ライダーカブト 17・18話
ZECT上層部から指令を受けた影山(内山眞人)は、風間大介(加藤和樹)をZECTの思うままに操る為に記憶喪失の少女・ゴン(神崎愛瑠)を連れ去り、命じる。

「まずはカブトを倒してもらおうか」

天道の前に現れた大介はドレイクに変身し、天道に襲い掛かる。
「お前を倒さなければならないんだ」。

しかし、カブトを倒してもドレイクである限りZECTのために働け、とゴンを解放しようとしない影山。

なすすべもなく 酒を飲み、落ち込む大介の前に天道らが現れ、ゴンを救出すると言う。

天道、加賀美、岬、ひよりと共にゴンが捕まっているZECTの保養所の食堂にコックとして忍び込み、職員たちの目を盗み、無事ゴンを救出する。

しかしまたZECTがゴンを襲う可能性はある。
天道達とゴンの過去の記憶を取り戻し、普通の生活に戻そうとする大介。

記憶の鍵となるのは『爽やかな味の味噌汁』。
大介の取材をしていた女性記者の順子がゴンの母親だと判明し、二人を会わせる事になった。
しかし大介の傍にいたいというゴン。
その前に
「百合子」と呼ぶ順子が現れる。
記憶が戻らないまま、困惑するゴン。

しかし、突如現れたビエラワームに順子が襲われてしまった。
大介はドレイクに変身し、ワームと戦う。
そこへドレイクを倒そうと、ザビーも参戦する。

その間、順子は
「お母さんがついている」とゴンを抱きしめる。

そんな母のぬくもりに記憶を取り戻したゴン。
「お母さん!」と順子に呼び掛け、抱き合う母子。

ドレイクの必殺技・ライダーシューティングにワームは爆発四散。
ザビーは現れたカブトとドレイクの絶妙な攻撃を受け、去っていく。


もうゴンではなくなった百合子は、母・順子と仲良くお買い物。
そんな幸せな二人の前に大介が現れた。
が、
「誰、この人?」と脅える百合子。
大介といた間の『ゴン』としての記憶はなくしてしまっていた。

悲しみをこらえながら
「君のかわいさはまさにひとつの…ひとつの………」といつものような言葉を口にする大介だったが、もう百合子はフォローしてくれない。


「オレのことは忘れてしまった、ということか。いいんだよ、それで」。

大介は去っていく母子の背に別れを告げると、一人バイクで走り去った。


あらすじだけで いっぱいになってしまいました………
後半はどうしても削れませんでした。
OAを観ていなかった方にも 届いているでしょうか、この感動。
届いて欲しい、この素晴らしさ。

私はめっぽう加藤和樹ファンですが、その前に特撮…いや、いち・物語(ドラマ)好きとして この作品に感動しました。

最後にゴンの手を取っていたのは風間(加藤和樹)ではなくマスクドフォームのドレイクでしたが、その手が離れる瞬間 本来、表情のないはずのドレイクから 確かに『悲しみ』を感じたのです。

思えば 風間は11話・12話と田崎監督の手によって生まれ、そして今回の17・18話も…
田崎監督による演出にハマりまくりです。

風間はゴンと出会ってから数ヶ月。
しかし短い時間ではあっても、風間にとっては最高の理解者であり、相棒(パートナー)。
ゴンを守ろうとする風間の姿は 『もっと方法があるだろう』と諭す天道よりも 愚かだけれども素敵です。
チカラや年齢、性別を超えて、互いに支えあえていたのです。

だから(17話で)一度離してしまったその手を、本当は離したくはなかったハズです。今度こそ、最後まで。

それでも
ドレイクである風間と一緒にいる危険性や本来の、『名無しのゴンベエ』ではない彼女を取り戻し、守る為にした選択。

ゴンとの別れ。


そしてこれが 風間大介との別れ。

「いいんだよ、それで」


いいんだね、これで。

風の様に爽やかに去っていくその背中を ホントはずっと、もっと観ていたかったと 思うけど…
彼は 風。
前より少し優しく、強くなって 過ぎていってしまいました。

ありがとう 風間大介。
素敵な笑顔を。
ありがとう 風間大介。
素敵な時間を。

また、お逢いする時を楽しみにしております。





…そうそう!
夏公開のカブトの映画にも出演決定していたり、
おともだち8月号に愛瑠ちゃんとかずきんのほんわりインタビュー記事の掲載予定があったり、
カブトの公式にインタビューがUPされていたり…

もう少し風間に会えそうですので
最後まで楽しみたいと思います。
イベントもあるしね☆

と、まぁ。
若干 ちゃんとした風。に書いてみましたが、ツッコミどころもたくさんでしたね、風間大介。
そこらへんは、つづきへ





[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



templete by*淀川宮戸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。