面白い事、なんかないかね。

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ ------[--]  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ 20060515[Mon]  ひとつだけ。
さて、私が斎藤工さんのイベント感想をまとめている間に 待ってましたの かずきんブログUPです!
安定した周期ですね。

東京の5月半ばは 蒸し暑くなってきている様です。

大阪は……ちょっと肌寒い日もあったり 雨だったりするけど…私、案外過ごしやすいス。
この位が好きだス。

『5日のライブが随分前の事のように思える。』
のは、毎日する事がたくさんあって充実しているから かもしれませんね。
いいことだ☆*゜∀゜)*。_。)ウンウン!

で、合間に友人の舞台を2本 観に行ったそうで。

1本は Takuya君と伊達晃二君が出演の『ロックミュージカル・ROCK'N'-JAM』。

迫力があって いい舞台だったと。

もう1本は…秘密?(笑)

色々見て 色々考えて
かずきんの今後のお仕事に反映… して行くのでしょうね。
ヨシ!自分も頑張るぞぃ!ε('-'*)з
そんな感じです。
スポンサーサイト
▼ 20060515[Mon]  斎藤工イベント・午後の部
斎藤工さんトークイベント午後の部終了~ъ(゜ー´)(19:10頃。)

早々に感想をまとめてしまうと
あの人はすごいクレバーです。*゜∀゜)*。_。)ウンウン

セルフプロデュース能力に長けているというか
ご自身でもおっしゃられてましたが、『自分を客観視している、意識している』というのが なるほど、こういう事なのか と強く感じました。

言葉一つ一つが、良い意味で台本に則って発せられている感じ。
この方は『役者』なのだと、思いました。

では ざっくりとトークショーの流れをふりかえってみます。

●登場
観客出入口でもあった後方入り口から、猪木ボンバイエのBGMと共に入場。
顔にはウルトラマン(マン?)のお面、頭には茶色い犬耳を着用。

階段席(にわざと置いてあった)空席にちょこんと座ったり、サービス満開。

●トークテーマ『喜』
『喜』と『楽』は似ていますが『喜』には『他者から与えられる驚き』が含まれていると思います。
と いうことで、ドリライ3・千秋楽日の青柳塁人君(向日岳人役)のBDサプライズの詳細を紹介。

急遽仕込まれた PRODUSED BY TAKUMI SAITOのこの企画は、ルイルイのびっくり&安堵の号泣によって終幕。
『一生忘れられないBD』と言わしめ、プロデューサーは『してやったり☆』の大成功企画となったそうです。

この模様は、カメラ入っていたので ドリライ3rd.のDVD(舞台裏)に収録されるやもしれない、とのことでした。
ちなみに企画に参加していたキャストは斎藤工、鎌苅健太、Takuya、足立理 のメンバーだそうです。

で、面白い話だったので忘れかけましたが、つまり
青柳塁人君には『何かしなくちゃ。したい!』と思わせる魅力があって、『喜』ばせてあげたかった。
と いうことでした。
相棒ですからね。

●発表
で、その相棒・青柳塁人君と 『ベストアクターズシリーズ004』を発売することが決定したそうです。
詳しくは 明日(月曜)正式発売のWJに載っているそうです。
現在はレコーディング中。
まだまだ忍足で頑張っている様です。
おめでとうございます。
歌の表現については 色々思う所もあらしゃるようで、『○○ですけど、何か?』と開き直り(笑)のコメント連発でした。
(悪い意味でも)『役者』さんですからね…(笑)

まぁ、でも。
アクターズシリーズの歌は『忍足侑士』である事が前提で全てですから、『役者』にしか出来ないって とらえ方も…ありますよね?
なりきり、開き直ったモン勝ちです☆

●トークテーマ『努』
あんまり『怒る』イメージがない工さんですが
その対象は何と 鈴木君!
…フルネームど忘れです。
D-BOYSのズッキー。
大石秀一郎役のズッキーです。

詳細は
1月2日。テニミュ千秋楽。
青学と氷帝の全試合が終わって整列する際に『お互いに握手しよう!』とズッキーから提案があり、『(人数)9(氷帝):8(青学)だけど?』と確認したら『大丈夫、大丈夫!』と言われたので任せていたら 本番……工さんの前に人がいない! で それを見た小谷君が痛めた(という役)の右手を差し出して 何とか乗り切る事が出来たそうで。
本番直後は感動もあって それどころじゃなかったけど、会うたびに『あの時は…』とイヤミぶつけてやりたくなるそうです。
尾を引く怒り。

●トークテーマ『哀』
この演技が一番難しい。
でも『巧い人』って、『哀』が巧いんだ とおっしゃられてました。
例えにジョニーデップ。
シザーハンズを挙げてらっしゃいました。

●トークテーマ『愛』
世界に起こる少年犯罪の原因は『愛』が足りないからだ。
と いう見解をお持ちでした。
今日は母の日 という事もあり、工さんのお母様のお話、小さい頃の話等が若干聞けました。
が 残念ながら記憶があいまいです。
おっしゃられていたニュアンスや大幅な流れはわかるのですが、いかんせんキィワードがぼんやりですので 自粛いたします。
申し訳ないです。

一つの原因として近くに座ってらした お子様が気になって気になって…しまったこともありますが…
この辺りから かなりトイレに行きたいなぁ~等 不届きな思いを抱いていた為、集中していなかったというのが本音です。
100%自己責任ですな。
でも まとめは覚えてますよ。
『愛』って照れ臭いけど、『照れ臭い』ってのは それだけ重みがあるって事。
大事って事。
そんな風に思ってらっしゃる様です。

●トークテーマ『楽』
楽しませるのが仕事です。
楽しませる為には自分も楽しまないと、そして楽しいだけじゃなくて 努力もしないと。
そんな事を。

うん。まさにその通りだと思います。
『役者』に限った話じゃ ないよね。

●告知
○実写映画・テニプリ
ちょっと出てます。
『ワッシー、不動峰・橘役の人と一緒のシーンでアダルトな中学生を演じてます。』

○実写ドラマ・プリプリ
生徒会長役。
『他のキャストも皆、写真集とDVDで女装したの知ってて、メイクの仕方とか仕草を聞いてきてくれます(笑)』
原作知ってる人?(結構の人数が挙手)『あ、これは原作者に伝えておきます。』
とのこと。

○映画(ユリ…ユリ…?タイトル忘れ。)
奥菜恵主演。
オーストラリアで撮影。
軽い、明るい男役。
人生初・ナンパしました。
●質問コーナー
時間も残り少なくなってきたので トばし気味で進行。
『言って欲しい台詞』
で CMのチャン・ドンゴンのモノマネをしたのが切っ掛けで 福山雅治でのび太君
『ドラえもん、しずかちゃんが 好きなんだ』
と 福山雅治で踊るの青島
『レインボーブリッジが封鎖できません』
を 披露。
(想像して読んでください)
悲惨な事に、じゃあ締めでもう一回のび太を…と、司会の惣田さんに言われてしまい 2度も福山のび太を見せていただけました。
同じネタを2回…(笑)
ちなみに 東京からの新幹線で練習してきた とシャアシャアと吹いておられました。

●握手会
と いうかトイレ休憩行きました。
一安心です。
トークショー中 つけっぱなしだった犬耳を外し、前髪を上げて再登場。

●最後の挨拶
こういうイベントはお客様の為、と言われていますが、実は こちら側の為…でもあり、すごくパワーを貰うし、貴重な意見も聞けます。
だから、今後も 大事にしていきたい し、 他の人のイベントに参加した時もバスバス意見言ってあげてください。
といった感じで、最後までぴっしりまとまっておりました。

すごいなぁ。(*・艸・)

あと、今日 重要な事が判明いたしました。
私ってば、自分でも思ってる以上に
かずきん>その他
と 気持ちが区分けされている様です。
今日の私は………
緊張感がなかったぜよ!!ヾ(;゜;Д;゜;)ノ゛
反省。
(次回以降に反映出来るかは……不安不安。)
ごめんね、YOUさん。
楽しかったのは間違いないけど、気持ちがかなり『楽』でした。
でも 工さんの話は勉強にもなったなぁ~。。。( ̄^??



templete by*淀川宮戸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。